建物の構造と内装

階高とは一階当たりの高さのこと。天井の高さと間違えそうですが、それとは違います。天井の高さは床の表面仕上げから天井の表面仕上げまでをいいますが、階高は下階のコンクリート・スラブ(界床)から上限のコンクリート・スラブ(界床)までです。

階高が高くつくってあれば空間の利用方法に柔軟性が出てきます。床の構造を変えて遮音性能をアップさせたり、配管も楽になるので浴室や台所の位置を変えることも可能です。天井を折り上げにするなど装飾を施してダウンライトやシャンデリアを設置しても圧迫感は受けません。天袋などの収納スペースもたっぷりとることができます。さらに階高が高くとってあれば中二階や小屋裏のような空間をつくることができ、変化のあるインテリアを楽しむことができます。逆に階高が低いと、造作を変えようとしても天井高が低くなってしまい、圧迫感を感じることになってしまいます。

欧米では古くに建てられた集合住宅になると、四メートル、五メートルあるものが珍しくありません。そこまでいかなくても三メートル以上は確保したマンションを選びたいものです。実際は2・8メートル程度のものがまだまだ多く分譲されています。これからのマンションの「広さ」は平面的ではなく、階高に注目して(天井高ではない)、立体的な空間の広がりを確認して選ぶようにしたいものです。

ひとつの建物を壁や床で区切って暮らすマンションでは、騒音への対策が十分でなければ快適な生活を実現することはできません。音の伝わり方は大きく二種類に分かれます。ひとつが「固体伝播音」。上の階で物を落として床を振動させたり、壁に釘を打ち付けたりしたときに壁や床などの固体を通して伝わってくる音です。もうひとつは「空気伝播音」。建物の外で拡声器を使った声や隣住戸の子供の泣き声など、空気中を伝わってくるものです。このほか空気伝播音であっても、ピアノやステレオ、航空機の爆音などのように強い音波が壁面を伝わってくる場合は、離れた部屋に固体伝播音となって影響を及ぼすことがあります。空気伝播音を遮断するのは壁や窓ガラスです。それぞれの遮音性能(遮音等級)はD値で表示されます。D-40が3級(最低限)、D‐45が2級(許容)、D‐50が一級(標準)、D-55が特級(特別仕様)というように、数値が大きくなるほど遮音等級がアップします。基本的には壁も窓ガラスも厚ければ厚いほど遮音性能は向上します。


神奈川県川崎市の南東部に位置する幸区。人口・面積ともに市内最小の区域です。住み良い環境が整い、住みたい町として高い人気を集めています。都市型住宅地の開発や交通網の発達のほか、生活に欠かせない商業施設や医療施設、教育施設なども充実しているので、快適な暮らしができるでしょう。そんな川崎市幸区にある高級分譲賃貸「ポレスター川崎」のご紹介をいたします。京浜東北線川崎駅から徒歩18分、南武線矢向駅から徒歩15分。周辺には大小様々な商業施設や教育施設が立地しています。そんな好条件の揃ったポレスター川崎の空室情報や周辺施設情報のことなら、こちらのウェブサイトをご覧になって下さい。また、ご質問やご相談など、お気軽に弊社へお問い合わせ下さい。

東京都心へのアクセスが良好で、豊かな自然と優れた住環境を併せ持つ街に住またいと、お考えの方に小平市をおすすめいたします。小平市は、多くの人が市外へ通勤・通学するため、市内から市外へのアクセスが大変便利です。駅周辺や住宅地には、生活に欠かせない商業施設や医療施設、教育施設などが立地しています。そんな小平市にある新築戸建てのご購入を検討しませんか?こちらのウェブサイトでは、小平市内にある新築戸建て情報をご紹介しております。多種多様な物件情報を取り扱っており、様々なこだわり条件での物件検索が可能となっています。弊社はお客様に満足していただけるよう、しっかりとサポートいたしますので、ぜひお任せ下さい。ご質問やご相談などお気軽にお問い合わせ下さい。

東京都渋谷区の北部に位置する初台エリア。新宿駅からは一駅の町とは思えないほど、閑静でゆったりとした雰囲気に包まれています。利便性の高い都会に住みたいとお考えの方も多いのですが、一番の悩みとして良く挙げられるのが、街の騒がしさです。どんなに交通機関や商業施設などが充実していても、騒がしかったら身体を癒そうにも癒せません。そういった方におすすめするのが、この都会の喧騒から少し離れた初台エリアです。交通アクセスが便利で、商業施設も充実しており、閑静な住宅地が広がっているので、快適な暮らしができますよ。そんな初台エリアにあるマンションのご購入を検討しませんか?こちらのサイトでは、初台エリアにあるマンション情報を掲載しております。多種多様なマンション情報を取り扱っているので、希望するお部屋が見つかるはずです。ぜひ、こちらのサイトをご活用下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>