建物の構造と内装

階高とは一階当たりの高さのこと。天井の高さと間違えそうですが、それとは違います。天井の高さは床の表面仕上げから天井の表面仕上げまでをいいますが、階高は下階のコンクリート・スラブ(界床)から上限のコンクリート・スラブ(界床)までです。

階高が高くつくってあれば空間の利用方法に柔軟性が出てきます。床の構造を変えて遮音性能をアップさせたり、配管も楽になるので浴室や台所の位置を変えることも可能です。天井を折り上げにするなど装飾を施してダウンライトやシャンデリアを設置しても圧迫感は受けません。天袋などの収納スペースもたっぷりとることができます。さらに階高が高くとってあれば中二階や小屋裏のような空間をつくることができ、変化のあるインテリアを楽しむことができます。逆に階高が低いと、造作を変えようとしても天井高が低くなってしまい、圧迫感を感じることになってしまいます。

欧米では古くに建てられた集合住宅になると、四メートル、五メートルあるものが珍しくありません。そこまでいかなくても三メートル以上は確保したマンションを選びたいものです。実際は2・8メートル程度のものがまだまだ多く分譲されています。これからのマンションの「広さ」は平面的ではなく、階高に注目して(天井高ではない)、立体的な空間の広がりを確認して選ぶようにしたいものです。

ひとつの建物を壁や床で区切って暮らすマンションでは、騒音への対策が十分でなければ快適な生活を実現することはできません。音の伝わり方は大きく二種類に分かれます。ひとつが「固体伝播音」。上の階で物を落として床を振動させたり、壁に釘を打ち付けたりしたときに壁や床などの固体を通して伝わってくる音です。もうひとつは「空気伝播音」。建物の外で拡声器を使った声や隣住戸の子供の泣き声など、空気中を伝わってくるものです。このほか空気伝播音であっても、ピアノやステレオ、航空機の爆音などのように強い音波が壁面を伝わってくる場合は、離れた部屋に固体伝播音となって影響を及ぼすことがあります。空気伝播音を遮断するのは壁や窓ガラスです。それぞれの遮音性能(遮音等級)はD値で表示されます。D-40が3級(最低限)、D‐45が2級(許容)、D‐50が一級(標準)、D-55が特級(特別仕様)というように、数値が大きくなるほど遮音等級がアップします。基本的には壁も窓ガラスも厚ければ厚いほど遮音性能は向上します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>